はじめに

我輩の内省

内省とは・・・

内省(ないせい)(英:human self-reflection )とは、人間が内観を行使する能力と基本的なる自然な感情、目的および本質について深く鑑みてみるというその意欲のこと。

内省について最も古い歴史的記録は、3千年以上前、デルフィのアポロ神殿の前庭に「自分を知る」という言葉が刻まれており、人類が内省それ自体に抱いていた大きな関心を示していることが分かる。

内省」『ウィキペディア フリー百科事典日本語版』
https://ja.wikipedia.org/

最終更新日時:2022年2月28日 03:27(日本時間)
アクセス日時:2022年7月22日 15:17(日本時間)

我輩はいつからでも変われる(学ぶ)受け皿を持っておきたい

他人の考え方や価値観で簡単に変わるようなコンニャク野郎にはなりたくないが、時として心を動かすような気になる言葉を発する、気付きを与えてくれる人が世の中には存在している。

この項目ではそんな言葉をただただ、記録していき時に見返していけるような項目にしていきたいと思っている。生きる上でのヒントとして留めておきたいのだ。

そして最終楽しくこの現世を生きる術を見つけれればそれ以上のものはない。それがお金なのか人なのか、はたまたどちらも必要ないのか、まだ答えは出ていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
オワリセトなまけもの
らくしてたのしむことしか考えていないくだらぬ男。人生を不幸がる文化に取り込まれた、なま怪物。働かずにどう余生を楽しむか行動しながら日々生きる。あ〜やだやだ